読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高原直人の『映画でも見ませんか?』ネタバレ付き。

大学生目線の映画レビューをお届けします!

三谷監督の映画をどうして俺が観ようかと思ったかだけど…

こんにちは、高原直人です。


1回目は三谷監督の「THE有頂天ホテル」、
2回目は同じく三谷監督の「ザ・マジックアワー」の紹介をしました。


映画を好きになったきっかけは三谷監督なのは話したけど、
そもそも、どうして、俺がその映画を見に行くことになったのか?
話していなかったので、少し話したいと思います。

 


実は、親の影響です。
親が三谷監督の作品「古畑任三郎」をテレビの再放送で
見ていたからなんですよね。

 

親がチャンネルを譲ってくれず、何となく見ていたら、
子どもながらに、なんて、面白い刑事ドラマだろうと思いました。
今までにない独特の警視だし、
犯人が最初からわかっているのも斬新ですよね。

 

それで、「THE有頂天ホテル」が公開されるっていうんもんだから、
観に行ってみたんです。
ちなみに、大河ドラマ新撰組!」の際も親にリモコン取られていました。


さぁ、もうこの話の流れでわかって来たかと思うんですけど、
三谷監督の3作目「ステキな金縛り」について、今日は紹介したいと思います。
「証人はただ一人、落ち武者の幽霊。」というのが、
ポスターなどにもなっているキャッチコピーです。

f:id:takaharanaoto:20161226152030j:plain


あらすじは、
父の意志を継いで弁護士になったエミは、毎回ミスばかりを起こす、
三流弁護士でした。
そんなエミは、ラストチャンスとボスの速水に殺人事件の案件を任されます。
その事件の容疑者は夫の矢部五郎。
五郎の弁護を担当することになりますが、
彼は事件当夜にアリバイがあると言いだします。


それは、
「自殺を考えて宿泊した旅館・しかばね荘で金縛りにあっていた。」
という何ともおかしなものでした。
半信半疑の中、その真相を確かめるためにエミは、しかばね荘を訪ねます。
エミがその旅館へ宿泊すると深夜、金縛りにあってしまい…
目を開けるとそこには落ち武者の幽霊、更科六兵衛がいました。


六兵衛に事件当日の話を確認すると、
六兵衛は生前五郎と同じく、冤罪で無念で死んだことを語り、
同じ境遇でいる五郎を救うために裁判で証言することを約束します。


そうまさに、「証人はただ一人、この落ち武者の幽霊だけ」なのです。
仕方がないので、エミは覚悟を決めて、東京へ六兵衛を連れて行くことを決断します。

 


しかし、六兵衛は幽霊なので、
見える人間と見えない人間がいました。
エミは必死に六兵衛が存在することを証明させなければならず、
あの手この手を使って、裁判官へアピールします。
そんな感じで裁判は続き、予想外の結末を迎えるのでありました。
そして、六兵衛は無事成仏できるのか?というお話です。

 

西田敏行さん光ってますよね!
え、頭がじゃないですよ?落ち武者だけに。


阿部寛さんや中村貴一さん、山本耕史さんなど、変わらず豪華俳優人そろい踏みです。
タップダンスするボス、あっけなく死亡するボスが面白かったです。
最後はエミがお父さんに会えたりと心温まるお話でした。
最後のエンドロールまでみるべきですよ!笑うこと間違いなしです!

 


高原直人

「ザ・マジックアワー」のすばらしさは本気で語ったら1晩は必要。

こんにちは、高原直人です。


1回目は三谷監督の「THE有頂天ホテルを紹介しました。
実は、三谷監督は俺にとって憧れの人ですっていうのは話しましたね。


そして、将来、映像関係の仕事に就きたいなと思うのも彼の影響です。
って、さらりと俺の将来の夢について語っちゃいました!
まぁ、現実的なことを考えると、難しいだろうし、
夢として趣味として留めておく方がいいかなとも思っていますが…。
ただ、少しでも近づきたくて、
現在の俺のバイト先は某有名なレンタルDVD店です。


さて、そうゆうことなので、今日も、
三谷監督の次作ザ・マジックアワーについて紹介しようと思います。


あらすじは、
あろうことか、街を牛耳るボスの愛人に手を出してしまった手下の備後は、
そのことがボスにバレてしまい、命を助けてもらうかわりに、
伝説の殺し屋「デラ富樫」を探すことを約束させられます。
中々殺し屋が見つからない中、期日が迫り焦った備後の苦肉の策が、
俳優を雇うこと。

備後自身は映画監督として、
売れない俳優、村田を映画の主演と称して釣って騙し、
殺し屋「デラ富樫」になりきってもらうように仕向けます。

f:id:takaharanaoto:20161216182857j:plain

このシーンはマジで最高!

何回見てもウケルwwww

 


ギャングたちの前で繰り広げられる村田の大根ぶりと
初めからかみ合っていない会話と演技でしたが、
なんと!ボスを欺くことに成功します。

しかし、一難去ってまた一難。
危険な演技はさらに過激さを増していき、
命がけの大事件へと発展していきます。
そして、徐々にこれが映画撮影ではないと気づいた時に、
村田が取った行動とは…?
というお話です。

 

評価は、
佐藤浩市さんの演技はさすがとしか言えません。
佐藤さんのとても名演技なのに大根役者ぶりが…大爆笑ですね!
なんかこうゆう人いそうですしね。
とても面白いコメディ映画です。


これのすごい所は、前作と何気なく繋がっている所なんですよね。
前作で登場していた人物が所々登場する所です。
例えば、ベルボーイ役の香取君。


設定で、路上で売れないバンドマンでしたが、
その彼が、ここで歌って出てきます。
今回も豪華俳優人たちが面白おかしく出てきますよね。
なんで三谷監督はこんなに面白い作品を作ることが出来るんでしょうか?

 


高原直人

今日からブログ始めるよ!

はじめまして、高原直人です。


俺は、今年、23歳大学生をしています。
趣味は、映画鑑賞。年間で200本以上の映画を観ています。


あ、映画館でってだけじゃなくて、DVD鑑賞も含めてですよ!
俺だって、バイトもしてるし、毎日観に行けるほど暇じゃありません。

 

実は、今更ブログなんて始めようと思ったのは、
同じく映画を趣味にしている仲間から、
「それだけたくさんの映画を観ているなら、
ブログでも書いてみたら?」と勧められたからです。
正直、観た感想とおすすめ度くらいの紹介だと思うけど、
読んで、コメントもくれたら嬉しいです。

 


じゃあ、早速1作目から。
今日はちょうど10年前に俺が中学生の時に観て、
感動したものを紹介したいと思います。
有名な作品なので知らない人はいないでしょう。
もしかしたら、皆さんの方が詳しいかもしれません。
それは…


三谷監督作の、「THE有頂天ホテルです。

f:id:takaharanaoto:20161211221200j:plain


大河ドラマ真田丸」でもお馴染みですよね。

 

この作品のあらすじをちょっと紹介します。
「最悪の大晦日に起きた最高の奇跡、
最悪の大晦日は、最高の奇跡の始まりだった。」
CMでも流れていたお馴染みのフレーズであり、
まさにそうゆう作品です。

 

お客様第一主義の人気の高級ホテルで、巻き起こる大晦日の珍騒動の数々。
例えば、マン・オブ・ザ・イヤー授賞式に謎の受賞者現る事件。
汚職事件で世間を騒がしている国会議員の記者会見事件。
お正月公演を控えた大物歌手が、自殺未遂事件。
売れないマジシャンたちが舞台で使うアヒルのダブダブ、ホテル内で失踪事件。
など、個性のある客たちがホテルの各所で事件を起こします。
そんな訳ありの客たちをやり手の副支配人をはじめ、
能無しの総支配人や支配人、ベルボーイ、
客室清掃員たちが持てなしていきます。
その他にも一癖も二癖もある客、従業員たちが集まるホテル。
全く違うアクシデントのはずが、
各所で繋がり、いつの間にか一つの物語となっていきます。
さて、このホテルは、元旦を無事に迎えることができるのか?というお話です。

 

三谷監督は俳優をすごく贅沢に使いますよね。
有名な俳優が数十秒しか出番のない役にも出演しています。
主演の役所広司さんをはじめ、戸田恵子さん、生瀬勝久さん、松たか子さん…
など有名な出演者たちばかりです。
皆さん俳優として完成された方々ばかりなので、
一瞬しか出なくても、その映画での存在感は半端ないです。

 

俺はこの作品を観て、映画の楽しさを知り、
もっと観たいと映画館へ通うようになりました。
今では映画馬鹿です。
こんな風に紹介しつつ、日常の馬鹿話もしていきたいと思っています。
よろしくお願いします。


高原直人