読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高原直人の『映画でも見ませんか?』ネタバレ付き。

大学生目線の映画レビューをお届けします!

今日からブログ始めるよ!

はじめまして、高原直人です。


俺は、今年、23歳大学生をしています。
趣味は、映画鑑賞。年間で200本以上の映画を観ています。


あ、映画館でってだけじゃなくて、DVD鑑賞も含めてですよ!
俺だって、バイトもしてるし、毎日観に行けるほど暇じゃありません。

 

実は、今更ブログなんて始めようと思ったのは、
同じく映画を趣味にしている仲間から、
「それだけたくさんの映画を観ているなら、
ブログでも書いてみたら?」と勧められたからです。
正直、観た感想とおすすめ度くらいの紹介だと思うけど、
読んで、コメントもくれたら嬉しいです。

 


じゃあ、早速1作目から。
今日はちょうど10年前に俺が中学生の時に観て、
感動したものを紹介したいと思います。
有名な作品なので知らない人はいないでしょう。
もしかしたら、皆さんの方が詳しいかもしれません。
それは…


三谷監督作の、「THE有頂天ホテルです。

f:id:takaharanaoto:20161211221200j:plain


大河ドラマ真田丸」でもお馴染みですよね。

 

この作品のあらすじをちょっと紹介します。
「最悪の大晦日に起きた最高の奇跡、
最悪の大晦日は、最高の奇跡の始まりだった。」
CMでも流れていたお馴染みのフレーズであり、
まさにそうゆう作品です。

 

お客様第一主義の人気の高級ホテルで、巻き起こる大晦日の珍騒動の数々。
例えば、マン・オブ・ザ・イヤー授賞式に謎の受賞者現る事件。
汚職事件で世間を騒がしている国会議員の記者会見事件。
お正月公演を控えた大物歌手が、自殺未遂事件。
売れないマジシャンたちが舞台で使うアヒルのダブダブ、ホテル内で失踪事件。
など、個性のある客たちがホテルの各所で事件を起こします。
そんな訳ありの客たちをやり手の副支配人をはじめ、
能無しの総支配人や支配人、ベルボーイ、
客室清掃員たちが持てなしていきます。
その他にも一癖も二癖もある客、従業員たちが集まるホテル。
全く違うアクシデントのはずが、
各所で繋がり、いつの間にか一つの物語となっていきます。
さて、このホテルは、元旦を無事に迎えることができるのか?というお話です。

 

三谷監督は俳優をすごく贅沢に使いますよね。
有名な俳優が数十秒しか出番のない役にも出演しています。
主演の役所広司さんをはじめ、戸田恵子さん、生瀬勝久さん、松たか子さん…
など有名な出演者たちばかりです。
皆さん俳優として完成された方々ばかりなので、
一瞬しか出なくても、その映画での存在感は半端ないです。

 

俺はこの作品を観て、映画の楽しさを知り、
もっと観たいと映画館へ通うようになりました。
今では映画馬鹿です。
こんな風に紹介しつつ、日常の馬鹿話もしていきたいと思っています。
よろしくお願いします。


高原直人